2012-yoshida

2012年9月6日(木)

 今日は、小さな金具に関する作業を2種類やった。1つめは、前処理を終えた金具を磨いて塗装する準備をする作業。2つめは、塗装を終えた金具についてあったねじを取る作業である。前処理の前と後で何が違うのか金具を見てもよくわからなかった。表面が澄むようになることなのだろうか。それとも純水につけるから目に見えない汚れが取れたのだろうか、やっていてとても気になった。一方、塗装後の物を見てみると汚れの一つもないきれいなものだった。初めて見たのでそのことに驚いてしまった。

 休憩や作業と作業の間に日本に関すること、ここに来た理由など様々なことを聞かれた。そのうえ、間違った言葉の発音や単語の意味を教えてもらったりして中国語の勉強にもなった。相手が聞きたいことを口頭で理解することができなくて、紙に書いてもらってやっと理解できた。口頭で聞かれたときにすぐに理解できるようにしたい。質問を受けた中で最も印象に残っていることは尖閣諸島の問題について意見を求められたことだ。その時に私は、はっきりと答えることができなかった。政治的な問題で非常に言いにくいが、自分の意見を持ち相手に伝えることを行うべきだった。

 学習では、数字、食事、日付の表現を学習した。数字で3ケタ以上の数字になると日本語と表現方法が変わってくるため先生に数字の質問をされたときに間をあけないと答えることができなかった。よって、3ケタ以上の数字の表現を再度学習することになった。

评论