2012-yoshida

2012年9月14日(金)

 今日は、前日からの風邪により欠勤した。そこで勝手ながらこのインターンで学んだことを書かせていただく。
 まず、外国語を中途半端にやっていてはまずいことがわかった。現地の社員から話しかけられても何を言っているかわからずじまいに終わってしまう、せっかく紙に言いたいことを書いてもらったとしても書いてある単語を理解できないということがあったからだ。外国において現地の言葉を使いこなせることができれば通訳の人間を設けずに済むうえ、自分本当に言いたいことを言うことができる。そのためにも外国語の学習を現地の人と話して書けるぐらいに持っていくべきだ。だが、現地の人に作業に関する質問や言いたいことを伝えることを実際にやってみて、まだまだ学習が足りていないことを実感することができた。
 次に、作業を行うときはスピードと質を両立させることである。梱包や前処理の補助作業をやっている最中に質を落とさないように神経を注いでスピードが非常に遅くなってしまった。このため、他の作業員の人との足取りを乱してしまい迷惑をかけてしまった。確かに質は落としてはならない、しかし、膨大な量の製品があるなかでちんたらやっていては、作業がその日中に終わることがなくなる恐れが高くなる可能性が出てくる、納期に間に合わなくなるかもしれない場合が考えられる。そのためにも、作業手順を常に完璧に理解しスピードも意識して納期に間に合わせることに貢献することができるようにするべきだと考えた。
 最後に、自分の体調管理をもっと厳しく管理すべきだと感じた。当たり前のことだが、それに関して気を抜いてしまったことで体調を崩して一日欠勤することになってしまった。当たり前のことを当たり前にこなしたい。

2012年9月13日(木)

 今日は、コップのような金具の上下に部品を付ける作業をした。

やるべき量が非常に多かったためスピードを出しつつ丁寧にやろうとした。しかし、わかったつもりになっていて下部に必要な部品を2つ入れなければならない者を1つだけ入れてしまった。社員さんに、すぐに指摘してもらって何とかなったがわからない場合は遠慮せずに聞くべきだった。また、午後には体調を崩してしまい病院へ行くことになった。体調管理が甘かったことを反省して社会人になった時は、体調管理にぬかりないようにしたい。

2012年9月12日(水)

 今日は、梱包の補助作業をした。

 作業を始める前に一通り教えてもらったが、いざやってみると分からくなってしまい、梱包する際にゆるゆるになってしまった。そのため、社員の人にやってもらうこととなった。一度ですぐに覚えることは容易ではないが、社会人になってからは言いわけにならないと思うので見てすぐに作業の手順をきちんと理解したい。

 学習では、なにかものを頼む表現を学習した。出前の表現を学習したが、今まで学習したことのない表現だったので、苦戦した。

2012年9月11日(火)

 今日は、研磨の作業と焼き付け後の板を塗装するエリアへ運ぶ作業の補助をした。

 3種類扱ったうちの2種類は、昨日と同じく塗装後の物をやすりで磨く作業だった。昨日に比べ一個当たりの研磨する作業時間が昨日より短くなり効率よくできた。どのくらい短くなったかは忘れたが、スピードを意識することもできた。

 焼き付け後の板を初めて見て焼き付けしているのかよくわからなかった。
焼き付けは単に焼くのではなく塗膜を付けた後、塗膜がはがれないようにすることではないかと思った。

 学校では、場所の尋ね方を学習した。尋ねる方法は、限られているのでなんとか授業中に習得することができた。アウトプットできるように準備することができて良かった。

2012年9月10日(月)

 今日は、テープ外しとやすりで磨く作業をやった。

 今回磨いたのは塗膜を付け終えた2種類の金具だった。塗膜を付けた後の物をわざわざやすりで磨く必要があるのか気になってしまった。塗装のやり直しなのだろうか。それとも何か別の理由があるのだろうか。

 反省点は、一個の物に研磨する作業をかける時間が長くなってしまったことだ。丁寧にやるのはいいが、時間が限られている状況でのろのろやっていては納期に遅れる可能性があるのでスピードも意識したい。

 曜日の聞き方を学習した。教科書の新出単語をかろうじて覚えることができた。

2012年9月7日(金)

 今日は、梱包とさびが付いたものを取り除く研磨の作業をやった。

 梱包は、白い塗膜が付いた大きい棒だった。最初に梱包するときに重くて落としてしまった。すると、磨いていた人から気を付けるように言われた。小さな傷が取り返しのつかなくなることがわかった。失敗した後は、地面に落とすことなく梱包することができた。

 今日の研磨で教えてもらったことがある。さびが付く原因は、空気にさらすとすぐに塗膜が取れてしまいやすいとのことであると聞いた。しかし、塗膜を付ける目的の一つに保護があるのになぜなのか気になった。外と一口に言っても現場によって違うのだろうか。その答えを知りたい。

 学習では、時刻の表現を徹底的に学習した。時間の言い方は紛らわしくて先生に突然聞かれても間を数秒空けないと答えることができなかった。もう少し復習をしたい。

 さて、夜に社員の人に食事へ連れて行ってもらった。その際に、日本が世界における位置や中国の実情の話を聞くことができた。日本を外から見ている人の意見を聞いて私も日本を外から見たらどのようになるのか考えてみたい。

2012年9月6日(木)

 今日は、小さな金具に関する作業を2種類やった。1つめは、前処理を終えた金具を磨いて塗装する準備をする作業。2つめは、塗装を終えた金具についてあったねじを取る作業である。前処理の前と後で何が違うのか金具を見てもよくわからなかった。表面が澄むようになることなのだろうか。それとも純水につけるから目に見えない汚れが取れたのだろうか、やっていてとても気になった。一方、塗装後の物を見てみると汚れの一つもないきれいなものだった。初めて見たのでそのことに驚いてしまった。

 休憩や作業と作業の間に日本に関すること、ここに来た理由など様々なことを聞かれた。そのうえ、間違った言葉の発音や単語の意味を教えてもらったりして中国語の勉強にもなった。相手が聞きたいことを口頭で理解することができなくて、紙に書いてもらってやっと理解できた。口頭で聞かれたときにすぐに理解できるようにしたい。質問を受けた中で最も印象に残っていることは尖閣諸島の問題について意見を求められたことだ。その時に私は、はっきりと答えることができなかった。政治的な問題で非常に言いにくいが、自分の意見を持ち相手に伝えることを行うべきだった。

 学習では、数字、食事、日付の表現を学習した。数字で3ケタ以上の数字になると日本語と表現方法が変わってくるため先生に数字の質問をされたときに間をあけないと答えることができなかった。よって、3ケタ以上の数字の表現を再度学習することになった。

2012年9月5日(水)

 今日は、ソケットの研磨をやった。油が染みついてできた小さい吹き出物をやすりで磨く作業だ。最初はどのように磨いていいのかわからなくて苦戦した。しかし、自分の知っている言葉を使って話してみると丁寧に教えてもらうことができてなんとか作業をこなすことができた。
 作業をやっていくうちに気が付いたことがある。やすりの同じ部分で何度も磨くと削れてしまい傷ができてしまう。傷ができると塗装に回してもよいものか悪いものかわからなかったので、次にこの作業に入る時は慎重にやることを心掛けたい。
 学習では、物が欲しい時に使う表現を学習した。テキストを見ると全く理解していない単語もあり、語彙力の不足を感じた。それにめげづにこの機会を生かして学習したい。

2012年9月4日(火)

 今日は、昨日に引き続き前処理の準備作業をした。前処理の準備作業とは、金具を熱湯や純水につける前にホコリを取って、水につけている間に落ちたり引っかかったりすることのないようにする作業である。昨日扱っていたものはもちろん様々な種類のものを扱った。小さなものから大きなものまで4種類見てきた。小さな金具の裏に何かアルファベットで書かれていたものがあった。ふと思ったがここに書かれてある企業の商品に使う金具で塗装する取引をしているのだろうか。ふと気になったので、この滞在中に聞けたらと思う。昼の休憩前に前処理をする熱湯と冷水を使用して手袋を洗わせてもらった。熱湯が100°程なので熱かった。しかし、この温度が商品から脂を取るときに必要な温度ではないかとわかった。

 反省点は、コミュニケーションである。社員さんから仕事内容を身振り手振りを交えて丁寧に教えてくださった。ところが、それ以外の質問等で話しかけられても私が全く理解できていなくて相手を困らせてしまった。もう少し理解できるように気を付けたい。

 学習では、発音の特殊なケースと自己紹介に関連する場面を学習した。昨日と似た内容だったのですんなり理解できることができた。しかし、いざ話す時になると全く分からなくなってしまうことにならないように話すことを前提に学習したい。

2012年9月3日(月)

今日は、工場で工業塗装の過程についての説明を受けた後、前処理の準備作業をした。

 説明を聞いているときは、さまざまな作業風景を見ていて何のことをしているのかはっきりと理解できなかった。しかし、作業しているうちに理解することができた。前処理の準備を行った製品は温水処理、冷水、純水の順につけて塗装の準備をしていることだった。明日以降も前処理のことはさらに理解して、他の作業もどのような目的でやっているのか理解して仕事に取り組みたい。

 反省すべき点は、工場の人とうまく話すことがうまくできなかった。語学学校で学習することは、使うことを忘れないようにしたい。

 学校では、母音・子音の発音からあいさつ表現まで学習した。初めて学習するときに身についていたと思っていたが大きな誤解だった。あまり意識せずに覚えなかったのか同じ単語の発音を間違えて発音してしまった。修正して正しく発音することを心掛けたい。あいさつ表現は、今まで知らなかった「おめでとう」の表現を習得することができた。